前へ
次へ

不要となった古銭を買い取ってもらう方法

不要となった古銭を売る方法は大きく2種類に分けられます。
まずは、フリーマーケットやネットオークション等を使って自力で販売する方法です。
この方法は自分で値段をつけることが出来るため、納得のいく価格や高額で売ることも可能です。
しかし、販売までの手続きが面倒であることや、必ず売れるとは限らない点がデメリットとなります。
トラブルにも巻き込まれる可能性がある方法です。
次に、古銭買取の専門業者に依頼するという方法があります。
専門業者に古銭の価格をプロの目で査定して貰い、相場の価格で買い取って貰うという方法です。
自力で売る場合と比べて、面倒な手続きが必要なく、その場で現金払いしてくれるケースも多いため、古銭を売る側は非常に楽が出来ます。
デメリットとしては、専門業者と言っても知識や販路には差があるため、なるべく複数の業者に見積もりを出してもらわないと、思っていたよりも低い価格で買い取られてしまう可能性に注意しなければならない点です。

古銭の出張買取のメリットとデメリット

不要となった古銭を専門業者に買い取りをお願いする場合、出張買取のサービスを行っている業者がいくつかあります。
買取業者が自宅まで来てくれて、その場で古銭の価格を査定し、買い取ってくれるというサービスです。
メリットとしては、自分からお店に持ち込む必要がないため、交通費や手間がかからず便利です。
買い取りに至らない場合でも無料で出張に来てくれる業者もいるため、気楽に依頼することが出来ます。
出張買取にはデメリットもあります。
やはり、わざわざ自宅まで来てもらったという意識が生まれてしまいますから、仮に買取査定価格に不満があった場合でも断りにくい状況になってしまいます。
また、訪問から査定終了までの時間を拘束されてしまうという点もデメリットだと言えます。
人によっては、知らない人間が家に入ることが嫌だと感じる人もいるでしょう。
このようなメリットとデメリットを考えたうえで、古銭の出張買取を依頼するかの判断をするとよいでしょう。

Page Top